恵迪寮中途退寮者の意見

北海道大学学生・恵迪寮中途退寮者の井上大輔が書いています。恵迪寮での文化の押し付け、多発するハラスメント、民主主義を無視した運営に辟易して退寮しました。

つまらない話を無理やり聞かせるシステム、恵迪寮

前回の

恵迪寮伝統派は陰キャラ新入生を餌食にする http://ex-keiteki.hatenadiary.jp/entry/2016/11/20/201920

の続きだ。

恵迪寮に住んでいたころ最も閉口したのは、上級生の話がつまらないことだった。しかし、行事や飲み会には参加を強要された。寮に帰ってきたら特に用事のない限り居部屋にいて上級生とともに過ごせとも言われた。こうして、彼らのつまらない話を不本意に聞いて生活していた。これは私の住んでいた 2011 - 2014 年ころ、相部屋ならばどの部屋でも同じようなものだった。

彼らがどんな話をしてどのようにつまらなかったか全例挙げて詳述する代わりに、一例だけ挙げようと思う。ある上級生は、

年越し派遣村に行った奴は自分の怠慢を人に責任転嫁している奴だから死ぬべき。俺は田舎の貧しい家から北大に入って立派な人間になったからこれを言う資格がある」

と言っていた。社会的弱者が助けを求めているのを見下して自分は強いと確認しなければならないとは、どれだけ心が弱いのだろうか。このような心の弱い人と話すのはおもしろいことではなかった。ここまでひどいのはさすがに恵迪寮といえども稀だったが、他の上級生も概ね余裕がなく自分の話しかしないので、やはり一緒にいて退屈だった。

これらの人は、恵迪寮の改革には警戒し抵抗していた。それはそうだ。恵迪寮が変われば自分の話が聞かれなくなるおそれが大きいのだから、恵迪寮が変わるのはこの人たちには一大事だ。

こうして恵迪寮の文化は強い安定性を誇っていた。北大の繁栄にも人類の福利にも寄与しないであろう安定性である。