恵迪寮中途退寮者の意見

北海道大学学生・恵迪寮中途退寮者の井上修一が書いています。恵迪寮での文化の押し付け、多発するハラスメント、民主主義を無視した運営に辟易して退寮しました。

大学教育に感動しない恵迪寮伝統派

恵迪寮自治会執行委員長の選挙の際、候補者は自分の思いを書いたポエムを作って自治会員に配布する。それはだいたいこのような内容である:

北大に入学して恵迪寮に入寮し、まず、飯がとても大盛りであること、それを上の年目 ( 上級生のこと ) が易々と平らげることに驚いた。このような文化は素晴らしいと思った。その思いでこれまで自治会活動に参加してきた。そしてついに執行委員長をやりたいと思うようになって立候補した。

飯が大盛りで驚いたとは、なかなか衝撃的な主張である。なぜならば、大学に入って習う科目は、数学にしろ物理学にしろ化学にしろ心理学にしろ経済学にしろ語学にしろ、それぞれ新鮮な驚きに満ちているからである。北大は勉強熱心な学生が多く、教養科目の教員も熱心に教える人が多いので、1年生のクラスではそのほとんどが好きになれる科目を見出し感銘を受ける。正課の勉強を離れても、北海道は自然が豊かで北大は課外活動も盛んなので、北大の1年生は新たに登山やサイクリングをし始めたり、スポーツや音楽や美術を始め、それらにも感動を発見する人が多い。

これらから取り残され、脇で「飯が大盛りで驚いた」などと言っている学生が恵迪寮伝統派となり、その最も甚だしい者が執行委員長になるのである。恵迪寮の自治は、学力も意欲も北大の最下位層の学生がやる自治である。なので自治の内容も反知性的で鈍重なものになる。

恵迪寮の入口と出口

恵迪寮伝統派は、その大部分が公立中学校・自称進学高校の出身である。そして卒業後は、ブラックないしブラック気味の中小企業に入る。そのなかでも自分のやることを自分で考えて決めることより上の人の考えに従うことの方が重要な職種・職域に就く。

つまり、自分のことを自分で決めることなど許されず、他者の自由を尊重することなど教わらず、民主的に討議してものごとを決めることなど経験しないまま大学に来て、大学卒業後もまたそういう世界に戻るのである。こういう人たちに大学の数年間自治をせよと求めてもできるものではない。

現在、恵迪寮生は全員自治会に入らなければならないことになっている。恵迪寮生は自治会の制定したルールに従わなければならないことになっている。これらはなぜ正当化されるのか。「自治会の決定に不服があるならば誰もが自治会の機構を利用して改正を発議できるから」というのが恵迪寮自治会の公式見解である。しかし、現実にどこまで改正できるかは、上述の入口と出口に強く制約されている。この入口・出口を通る人たちに理解できる意見しか、恵迪寮自治会では容認されない。

2018-08-24 追記

「改正を発議できるかた」を「改正を発議できるから」に訂正しました。

素朴な道徳と民主主義は両立しない

ex-keiteki.hatenadiary.jp

の続きである。

「きたやま」氏の言う頑張っている人は応援すべきだという主張は、わかりやすい素朴な道徳である。公立中学校の教員が言いそうなことだ。小学生でもわかりそうだ。しかし、こういう日本の素朴な道徳と民主主義は両立しない。いくつか例を挙げる。

民主主義では、誰もが平等に発言権を持つ。誰の発言であろうと、自分で考えて正しくないと思ったときは反論して良い。これは素朴な道徳には反する。長幼の序が日本の素朴な道徳だからだ。素朴な道徳では、長の言うことに幼はみだりに反論してはならない。

民主主義では、批判は推奨される。しかし批判は良くないというのが素朴な道徳である。

民主主義では、為政者と有権者は対等である。しかし、日本人は長い期間将軍や天皇を戴いて生きてきた。為政者は有権者よりも上であり変更できないというのが日本の素朴な道徳である。

民主主義では自己決定が尊重される。しかし、日本の素朴な道徳はパターナリズムを基調とする。子どものことは親が決める、生徒のことは教員が決める、社員のことは私生活に関しても会社が決める、というのが広く行われている。殊に、恵迪寮生の多くが歩む道、すなわち高学歴高所得ではない世帯、公立中学校、自称進学校、北大、中小企業ではそうである。

民主主義では役職にある者やその候補者を応援する義務はない。その者が集団の行く末や自分の生活に不利益であれば、公然と批判して良いし、解職請求や落選運動をしても良い。

入試のある中学校は、入学直後から生徒に民主主義を実行させる。日常の生活の規則も、行事の運営も、生徒に民主的に討議・議決させる。こうした教育の結果、2年生のころには、民主的に正しい過程から素朴な道徳に反する結果が生まれることを体験することが多い。しかし恵迪寮伝統派はこういう民主的な教育とは無緑に育ってきて大学まで来る。このため素朴な道徳と民主主義が対立したとき無思考に素朴な道徳に就いてしまう者、そもそも対立のあることに気づきすらしない者が多い。

テンプレ通りの不勉強な人が来た。

ex-keiteki.hatenadiary.jp

に、「ちらっと見てびっくりしました」氏がコメントした。コメントはこうだ:

恵迪寮に住む多種多様な北大生を強い偏見のもと一括りにして 、しかも民主主義が根付いていないことについて深く触れることもないままに書きあげられたこの投稿を見て、とてもつまらない気持ちになりました。こういった投稿は何の参考にもならないどころか、読者に強い偏見を植え付けるという悪質なものにしかならないと感じました。 ちらっと見た感想です。 参考にして頂けたらとても嬉しいです。

これは、テンプレ通りの不勉強な人の発言である。不勉強な人に共通するパターンの主張が 3 つある。以下、それを述べる。

テンプレ通りの点 1 : 「偏見」という語を定義せずに使うところ

世界を作るのは我々である。我々は人類全員の幸福の総量を最大にするような世界を建設しなければならない。現在存在する世界がこの要件を満たす世界である保証はない。むしろ、そうでないおそれの方がずっと大きい。だから、我々は、あらゆる可能性を検討すべきである。あらゆる意見についてそれが正しいかどうかを検討すべきである。そのようにして最適解を発見し、我々が最も生きやすい世界を作るべきである。

だが、偏見はこの限りではない。偏見とは、間違っていることを既に確認した意見である。だから偏見は検討の対象にしなくて良い。

本来あらゆる意見を平等に扱うべきところ、偏見には特別に低い地位を与えるのだ。だから、何が偏見であるかの定義には細心の注意を払わなければならない。特に、ある意見が自分と異なる意見だったり、自分の触れてほしい論点に触れていない意見だったり、少数意見だったりするからと言ってそれを「偏見」と呼ぶことは避けるべきである。それは我々が最適な世界のあり方を発見するのを妨げる。

ところが「ちらっと見てびっくりしました」氏は偏見の定義を示していない。おそらく、自身と異なる意見という意味で「偏見」という語を使っている。こういう用語法は不勉強な人がよく行うものである。

テンプレ通りの点 2 : 「一括りにしているからこのブログは駄目」

「ちらっと見てびっくりしました」氏は

恵迪寮に住む多種多様な北大生を強い偏見のもと一括りにし……たこの投稿……は何の参考にもならないどころか、読者に強い偏見を植え付けるという悪質なものにしかならない

と述べた。これも、テンプレ通りの主張だ。

このブログは、多種多様な寮生を一人一人拾って描写することは目的にしていない。する気もない。そういうテクストが世のなかに必要だと思うならば、そう思う人が自分で書けば良いのだ。

このブログでは寮の大勢に影響する要素だけ書く。公立中学校・自称進学校出身でない寮生、それらの常識から自由な寮生、不勉強でない寮生、北大のブランドでどこかに就職しない寮生もいると思うが、そういう寮生が大勢に影響する例を見たことがない。もし読者がそれを知っているならば、世界と北大の認識の進歩のためにぜひ書いてほしい。

「自分の触れてほしい論点に触れていないからこのブログは駄目」という主張は、「寮生の1人」氏もよくしたものだ。

ex-keiteki.hatenadiary.jp

不勉強な人の主張には、パターンがある。

テンプレ通りの点 3 : 「自分にとって不要、よって世界にとって不要」

「ちらっと見てびっくりしました」氏は

この投稿を見て、とてもつまらない気持ちになりました。こういった投稿は何の参考にもならないどころか、読者に強い偏見を植え付けるという悪質なものにしかならない

と述べた。同氏において「何の参考にもならない」「強い偏見を植え付けるという悪質なものにしかならない」エントリであることは、わかる。同氏が自由に主張して良い事項だ。だが、そこから、他の読者においても「何の参考にもならない」「強い偏見を植え付けるという悪質なものにしかならない」となるのは飛躍である。テクストの解釈・影響は人により違う。テクストが 1 本でも読者が 10 人いれば 10 通りの解釈・影響がある。

不勉強な人は、こうした、人間の多様性を認識できていないことが多い。

自分と他人が同じだと思うのは、人間の自然な状態である。誰でも生まれたときはそうだ。そうでないことを認識し始めるのを日本語では「物心がつく」と称している。物心がついたからといってそれで終わりではない。それからも継続して学習してゆかないと自然な状態に戻ってしまいやすい。学問は、「いま・ここ・自分」以外の存在を想像する力を養うのに絶好の訓練だが、不勉強な人は学問をしていないからその想像力が足りない。加えて、公立中学校・自称進学校では他者と同じであることを良いとする教育を行うので、この想像力が育ちにくい。

Facebook の「恵迪寮」グループの管理者も、「自分にとって不要なテクストだからグループ参加者全員にとって不要なテクストだ」という判断様式により、私の投稿を削除した。

ex-keiteki.hatenadiary.jp

「自分にとって不要、よって世界にとって不要」の論理も、やはり、一種のパターンだ。

2018 年 8 月 6 日追記

「我々は全類全員の幸福の総量を最大にするような世界を建設しなければならない。」を 「我々は人類全員の幸福の総量を最大にするような世界を建設しなければならない。」に修正しました。

恵迪寮生「行事参加の強要はいまもある。ヒルトン合宿は今年もやる」

先日、 Twitter で、現寮生と会話した。興味深いので供覧する。

t20 氏は「強制なんてほぼない」と言った。ほぼない、ということは、ある、ということである。ヒルトン合宿は今年もあるとも言っている。

なお、 t20 氏はヒルトン合宿には反対で、 1 年目には本当のことを言う方針だと言っている。ヒルトン合宿に参加したくない 1 年目、ヒルトン合宿を止めたい 2 年目以上は t20 氏と連絡をとって協力すると良いだろう。

2018 年 4 月 2 日注記

マークアップの誤りを修正しました。

恵迪寮生「選挙の候補者を応援しない人ってなんなんだろう」

2013 年 5 月の自治会執行委員長の選挙には、 A 氏が立候補した。 A 氏が言論弾圧をする嘘つきであることは、

に書いた。さらに、 A 氏は立会演説会で、「警笛寮」氏 ( https://twitter.com/ANTI_Keiteki ) という、ある寮生の意見に興味がないと発言した。

言論弾圧をする嘘つきで、寮生の意見に興味がないと公言する者が執行委員長になれば、私の生活にも寮生の権利にも自治会の運営にも不利益であると私は考えた。このため、 A 氏を落選させるべきであると考えた。私はまず、立会演説会で、「A 氏が執行委員長になることは容認できないから、私は不信任に 1 票投じる」と言った。すると、有権者の 1 人が「立会演説会はそういう話をする場ではないから、有権者はそういう発言をすべきではないし、選挙管理委員会はこういう発言を認めるべきではない」と言った。これを受けて選挙管理委員長が「その通り、立会演説会はそういう話をする場ではないから、そういう発言は今後認めない」と言った。

これで私は、立会演説会で自治会員に自分の意見を訴えることを諦めた。さらに、これの前に、自分の意見を寮内で貼り紙で訴えたが、 A 氏の一派に取り囲まれて剥がされた。この事件も前掲のエントリに書いた。これではもはや、自分の意見を自治会員に届けるにはネットに頼るほかないと考え、 Twitter

と書いた。

これに反応したのが、当時寮生だった「きたやま」氏 ( 現在は「きたやまん」氏 ) である。同氏はまず

( 魚拓: http://megalodon.jp/2017-0418-1624-54/https://twitter.com:443/5ktm2/status/338472768200912897 )

と言い、次に、私の

に対し

( 魚拓: http://megalodon.jp/2017-0418-1623-28/https://twitter.com:443/5ktm2/status/338550681998864384 )

とリプライした。

同氏の問いに短切に答えよう。選挙の候補者を応援しない人は、ただの民主主義者である。不信任を1票入れたという報告は、要る。

民主主義の基礎は権力不信である。選挙もまた権力不信を実践する場である。権力の伴う役職に立候補した者が、本当にその役職にふさわしいか、疑って疑って疑い抜いて、それでもふさわしいと判断できた者を役職に就かせるのが選挙である。このため、有権者は盛んに発言・討論すべきである。ふさわしくないと思うならばそれを率直に言うのが有権者の責任である。自分の知っていることで、他の有権者が知らない事項があれば、それは知らせるべきである。

「きたやま」氏は、頑張っている者は疑わず批判せず応援すべきだという考えである。なるほど、頑張れる、というのは好ましい資質の一つである。しかし、同氏のように、「頑張っている」というだけで応援するのは慎重な態度ではない。もっと疑うべきだ。まして、応援することを他の有権者に求めるのはもってのほかである。

恵迪寮自治会は民主主義を標榜する団体であるが、実際にはこういう発言が出て、さらに、咎めるのも私のほかおらず、選挙管理委員会も対処しなかったのが、 2013 年の状況であった。いまはどうなっているのか知らない。気になる人は恵迪寮自治会に問い合わせてください。

2018 年 4 月 1 日注記

「2014 年 5 月の自治会執行委員長の選挙」を「2013 年 5 月の自治会執行委員長の選挙」に訂正しました。

西宮市長「殺すぞ」恵迪寮自治会執行委員長「殺すぞ」

兵庫県西宮市の今村岳司市長が新聞の記者に「殺すぞ」と言った後、謝罪したという報道があった。

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/mayor-of-nishinomiya_a_23325530/

私はこの報に接して、恵迪寮自治会の執行委員長がよく「殺すぞ」と言っていて、

( 弱そう )

と思ったことを思い出した。

私が住んでいたころの恵迪寮伝統派は、次のような説を唱えていた:

  • 恵迪寮は人間を学ぶ場である。
  • 下級生は人間を学ぶために上級生に興味を持ち、知るように努め、よく話し長い時間ともに過ごすようにしなければならない。
  • 上級生の人格はその上級生が誇りを持って作り上げてきたものなので、下級生は肯定し尊重すべきである。些細なことで否定すべきでない。
  • これらをしない者は器が小さく視野が狭いので、上級生が教育すべきである。
  • 教育のためには罵倒し体罰を加えても良い。
  • 人間を学ぼうとしない者は恵迪寮にいなくて良い者なので、追い出して良い。

私は上級生にあまり興味が持てず深く関わろうともしなかったので、上級生からよく罵倒され、体罰も食った。出て行けと言われたことも多い。しかし、大学生の年齢になっても口癖のように「殺すぞ」と言う人など、興味を持たず関わらなくて良いし、「弱そう」で済ませて良いではないか。