恵迪寮中途退寮者の意見

北海道大学学生・恵迪寮中途退寮者の井上大輔が書いています。恵迪寮での文化の押し付け、多発するハラスメント、民主主義を無視した運営に辟易して退寮しました。

選挙を正しく行えない集団、恵迪寮自治会

先日、国政選挙の投票があった。ここで、恵迪寮自治会の選挙を見てみよう。

f:id:hydrochloride:20171116115507j:plain

2013 年秋の執行委員長選挙では、飲酒事故防止対策特別委員会の委員長が立候補した。それに対し、飲酒事故防止対策特別委員会が「選挙応援居酒屋」を企画し、そのビラで自治会員に「スゴいぞ我らが委員長ッ!!」「候補者を皆さんで応援するべく……お集まり下さい」と呼びかけた。自治会の公式の機関が、特定の候補者を応援することを自治会員に呼びかけたわけだ。自治会の選挙管理委員会も事前にこの居酒屋企画を知っていたが、止めなかった。

中学 3 年の公民を理解していれば、こういうことをしてはいけないというのはわかるはずなのだが、どういうわけかそれがわからない大学生の集団が、恵迪寮では自治をしていた。現在のことは知らない。現在のことは自治会に聞いてください。

2017 年 11 月 16 日追記

「知っていました」を「知っていた」に訂正しました。