恵迪寮中途退寮者の意見

北海道大学学生・恵迪寮中途退寮者の井上修一が書いています。恵迪寮での文化の押し付け、多発するハラスメント、民主主義を無視した運営に辟易して退寮しました。

西宮市長「殺すぞ」恵迪寮自治会執行委員長「殺すぞ」

兵庫県西宮市の今村岳司市長が新聞の記者に「殺すぞ」と言った後、謝罪したという報道があった。

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/mayor-of-nishinomiya_a_23325530/

私はこの報に接して、恵迪寮自治会の執行委員長がよく「殺すぞ」と言っていて、

( 弱そう )

と思ったことを思い出した。

私が住んでいたころの恵迪寮伝統派は、次のような説を唱えていた:

  • 恵迪寮は人間を学ぶ場である。
  • 下級生は人間を学ぶために上級生に興味を持ち、知るように努め、よく話し長い時間ともに過ごすようにしなければならない。
  • 上級生の人格はその上級生が誇りを持って作り上げてきたものなので、下級生は肯定し尊重すべきである。些細なことで否定すべきでない。
  • これらをしない者は器が小さく視野が狭いので、上級生が教育すべきである。
  • 教育のためには罵倒し体罰を加えても良い。
  • 人間を学ぼうとしない者は恵迪寮にいなくて良い者なので、追い出して良い。

私は上級生にあまり興味が持てず深く関わろうともしなかったので、上級生からよく罵倒され、体罰も食った。出て行けと言われたことも多い。しかし、大学生の年齢になっても口癖のように「殺すぞ」と言う人など、興味を持たず関わらなくて良いし、「弱そう」で済ませて良いではないか。