恵迪寮中途退寮者の意見

北海道大学学生・恵迪寮中途退寮者の井上大輔が書いています。恵迪寮での文化の押し付け、多発するハラスメント、民主主義を無視した運営に辟易して退寮しました。

恵迪寮生「見識の低い者は自由にものを言ってはならない」

注 タイトルは、「寮生の1人」氏の発言を私が要約したものである。同氏の発言は全て http://ex-keiteki.hatenadiary.jp/entry/2016/06/25/151123 で見ることができる。

以下、タイトルにまつわる発言のハイライトを示す。

( 「寮生の1人」氏 )

ネットは平等で自由に発言が出来るからこそ、特定の人、団体を名指しして批判するときは無責任に自分の考え・視点だけを発信するのではなくしっかり裏取りや反論の機会も設けるのが筋、というのが私の持論です。


( 「寮生の1人」氏 )

他人に事実検証を投げず御自身で最大限やってから発信するのが筋ではないでしょうか?


( 井上 )

あなたが

団体を名指しで批判する際には同意を得る

意見を発信する際には最大限の検証をする

のが相応の責任と考えていることはわかりました。ですが、これらは社会のルールなのですか? 法令で定められていたり、判例があったりするのですか? 本でも雑誌でもネットでも街や学内で配られるビラでも、言及対象の同意を得ず、検証もそこそこに、北大当局を、札幌市を、政府を、与野党を、私企業を批判していますが、これらは全て社会のルールに違反しているのですか?


( 「寮生の1人」氏 )

私企業と与野党に対する言論の自由の違いもごちゃ混ぜにしているあたり、このような形で意見発信をするに値する水準に達していないかと個人的には思います(バカッター然り、ツールさえあればどんな人でも無責任に意見発信を出来てしまうのが現状ですが…)。